恐ろしいアクリルアミド。その実態とは

アクリルアミドは食材に含まれる特定のアミノ酸や糖分が120度以上の高温調理をする事によって生成される物質のこと。

アクリルアミドは発がんの危険性があるとされていて、できるだけ摂取しないように気をつけたいものです。高温調理によってアクリルアミドが生成される食品はジャガイモなどのイモ類、野菜、穀類などです。

フライドポテト

じゃがいもを揚げたフライドポテトやポテトチップス、野菜炒め、こんがり焼いたトーストなどはアクリルアミドがとても多く検出されたとのこと。

アクリルアミドが生成されてしまう高温調理は、揚げる、焼く、炙るなどです。調理法によってアクリルアミドの発生率が格段に変わり、蒸す、湯でる、煮るなどの調理法はほとんどアクリルアミドが検出されませんでした。

アクリルアミドの危険性が報告されてから、大手のファストフード店や食品会社はポテトフライやポテトチップスのアクリルアミドを軽減するための対策がされるようになりました。

長時間高温で調理をする事でアクリルアミドは大量に発生してしまうので、できるだけ食材を高温にさらす時間を減らすことでそのリスクから回避できそうです。

たとえば、ポテトフライであれば調理する前に茹でることで火の通りが早くなるので揚げ時間が短縮できます。揚げ加減も揚げ色がほとんどない状態と、全体的に軽い揚げ色がある状態とではアクリルアミドの濃度の差は倍以上変わります。できるだけ揚げ色をつけないことがアクリルアミド回避の方法だと言えます。

とはいえ、ガンの発生リスクはアクリルアミドだけではないのは確かです。調理をする事で食材は美味しく変化し、私たちの食欲をくすぐります。人間が火で調理を始めた歴史は長く、アクリルアミドの存在など知らずに調理をしてきました。

それなのにも関わらず、医療の発達などにより人間の平均寿命は延びています。アクリルアミドとガンの発生率の可能性は100%あると言いきれず、現在も研究が続けられているのです。100%言いきれないにしろ、その可能性があるなら摂取は控えておいた方がベター。という考え方でもいいのではないのでしょうか。

また、揚げる、焼く、などの調理法はどうしても高カロリーになりがちです。高カロリーな料理の摂取は肥満にも繋がりますし、肥満は様々な病気のもとにもなりますので、蒸す、茹でる、煮るなどはアクリルアミドの存在を省いたとしても健康にとても良い調理法だと言う事が出来ます。

アクリルアミドを過剰に恐れる必要はありませんが、長時間の高温調理が必要とする料理(高カロリー食)は出来るだけ控えた方が生活習慣病の予防や改善に繋がります。健康的な食生活を心がけましょう。